イメージ画像

看護師が転職する場合の年齢制限を考えてみましょう

一般的な話として転職の話題がでれば大部分、年齢制限があるようです。 インターネットの転職サイトをみれば、30歳から35歳に設定されている場合が多いです。 実際的には35歳以上ならば、ほとんとが書類選考の段階で落とされてしまいます。

けれども最近はリーマンショックを境にして35歳限界説が崩れてきているとニュースで報道されました。 なぜならば優秀な人材は経験豊富な40歳以上に集中しているからだそうです。 では医療分野での看護師の場合はどうなのでしょうか?

ここでは、看護師という職種に絞り込んで転職の年齢制限について考えてみたいと思います。 看護師の場合はほとんどのケースで年齢制限はないようです。 その最大の理由は正規雇用ではなくて派遣やパートタイムで仕事をしてもらえる人材が必要であるからです。

看護師業界は離職率がとても高い特徴があります。 急にできてしまう看護スタッフ不足をカバーしてくれる人材が常に求められているのです。 その結果、派遣やパートタイムで<急募案件>の求人があとをたちません。

ターゲットとなっている看護師は、結婚・出産・育児などで一度退職したブランクがある潜在看護師の皆様です。 看護師資格がある人ならば年齢を問わない――これが普通になっているのが現状です。

年齢の部分よりも転職回数の方が問題視されるでしょう。 あまりにも転職回数が多いと不利になると考えられます。 ブランクの年数があまり問題になることはありませんし、仕事をしたいという意欲を中心に面接官は判断している傾向にあります。

看護師のキャリアが長くなり、それなりの年齢になると<より良い条件の職場を目指して転職したい>とう希望がでてきます。 こういった場合には年齢は経験とセットになりますから強いアピールポイントになりますし、病院側は即戦力として期待しているはずです。

以上、看護師という職種に絞り込んで転職の年齢制限について考えてみました。 これまでの経験を活かして年齢と経験を武器に新しい職場を目指すのも看護師としてのスキルアップになると思いますので一度考えてみてもいいのではないでしょうか?

このページの先頭へ