イメージ画像

産業看護師ってどんな仕事?

産業看護師とは、企業の健康管理室や保険室などで働く看護師を指します。産業看護師の仕事は、従業員の健康管理や病気ケガの処置、メンタルケアなど幅広く、やりがいがあると同時に高収入・高待遇が期待できる職種として人気です。では、産業看護師の仕事内容や特徴についてご紹介していきましょう。

産業看護師の仕事は、企業に勤める労働者の健康管理やメンタルヘルスケア、安全衛生管理など実に様々です。具体的な業務内容には以下のようなものがあります。

・社内の労働環境・安全管理などのモニタリング
・定期健康診断結果に基づく社員の健康状態と労働量の管理・監視
・社員のメンタルケア、ストレスケア
・問診票や健康診断結果、病欠状況などの健康データの集計・管理
・産業医の指示による医療処置
・企業内で対応できない疾病・ケガへの対処
(応急処置・近隣医療機関への報告・受け入れ要請など)
・労働に関わる疲労や傷病の予防・軽減
・メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防・改善指導

このように、産業看護師の仕事は多岐にわたり、非常に幅広い知識と経験、スキルが要求されます。そのため、産業看護師には看護師として高いスキルと豊かな臨床経験、人間としてのコミュニケーション能力の高さなどが求められます。

次に、一般的な病棟看護師と産業看護師の働き方の違いに目を向けてみましょう。産業看護師の労働環境には、以下のような特徴があります。

・日勤・土日祝日休み

産業看護師は企業の従業員の雇用条件に準じた形での採用となるため、夜勤がなく日勤が基本です。また、土日祝日が休みとなるケースが多く、公休もしっかりと確保できる傾向にあります。

・デスクワークが多い

従業員の健康管理やデータ集計、安全衛生管理のための計画書作成などの事務仕事が多いため、肉体労働が少なく、落ち着いた雰囲気で働くことができます。

・医療事故のリスクがない

企業内で働くため、命に関わるような重篤な患者さんに接することがなく、医療事故に遭遇するリスクが極めて低いという特徴があります。そのため、比較的ストレスが少なく、長期間働き続ける看護師が多いため、定着率がかなり高い職種となっています。

このページの先頭へ