イメージ画像

訪問看護師の仕事とは?

訪問看護師とは、在宅療養中の患者など、自宅での看護が必要な人のもとへ直接訪問し、看護サービスを提供する看護職員のことを指します。日本における訪問看護の歴史はまだ浅く、1983年に初めて老人保健法によって法的位置づけがなされたばかりとなっています。ここでは、訪問看護師の仕事内容などについてご紹介していきたいと思います。

訪問看護師の主な仕事は「病気やケガなどで自宅療養している患者」を対象として、医療的なサポートを行うというものとなります。具体的な業務内容には、以下のようなものがあります。

体温、脈拍、呼吸、血圧等の測定と病状の観察、記録
食事、排泄、移動、入浴などの介助
摘便、採血、検尿の実施、記録
服薬指導および薬の管理
医師の指示に基づく医療的処置
患者家族への介護方法のアドバイス・指導
精神的なケア

これらに加え、褥瘡や創傷の処置やカテーテル・バルーンの交換・管理、在宅酵素の管理、喀痰吸引、膀胱洗浄などの処置も担います。また、がん患者などの場合は、医師や薬剤師などと連携をとりながら終末ケアや家族の心理的なケアを行うこともあります。

訪問看護師の需要はこの数年でかなり増えてきていますが、その需要に供給が追い付いていないというのが実情です。しかしながら、以前に比べて訪問看護師への意欲をもつ看護師は多くなってきており、求人数もかなりの数が出ています。では、訪問看護師になるためには、どういった条件をクリアする必要があるのでしょうか?

訪問看護師は、原則として看護師資格さえあればなることが可能です。但し、地域によっては看護研修を受ける必要があります。加えて、実際に働く場合には自動車免許が必須となるケースがほとんどですので注意が必要です。さらに、訪問看護ステーションで働く場合には、未経験・新卒の採用は難しく、数年間の臨床経験が求められる場合が多くなっています。

また、訪問看護師の実績を3年以上積むと、訪問看護師の認定資格(認定看護師教育課程の受講資格)が得られますので、キャリアアップを目指す方は思い切ってチャレンジするのも良いでしょう。

このページの先頭へ