イメージ画像

看護師の職場と転職事情について

看護師の資格を活かして働くことができる職場は、なにも病院だけではありません。最近は、高齢者関連の施設で働く看護師が増えてきましたし、製薬会社などでも多くの看護師が活躍しているといえます。

また、働く職場だけではなく、働き方も多様化してきているといえそうです。例えば、1つの職場で長く働いて、ベテランを目指すという働き方もありますし、より経験を積むために、様々な職場を転々とするという働き方もあるでしょう。

それから、結婚や出産したあとは、家事と両立しなければならないため、アルバイトやパートで働く人も多いようです。このように、人によって様々な働き方がありますが、多くの看護師の働き方を見ていると、1度は転職を経験するといっても言い過ぎではないのかもしれません。

現状として、男性よりも女性の看護師が多いことが関係していますが、必ずしも結婚や出産、育児などのポジティブな理由だけで転職するわけではなさそうです。職場の環境や人間関係、待遇の悪さから転職をする人もかなり多いといえます。

特に、総合病院など規模が大きな病院であれば、交代制の勤務になることから、生活習慣が乱れがちとなり、体調不良をきっかけとして転職する人が跡を絶たないのです。

また、職場によってはかなり多忙となるため、年を重ねるにつれて体が付いていかなくなるという現象も起こりやすくなってくるでしょう。この体力が続かないという経験は、ほとんどの看護師が実際に経験しているようです。

1つの職場に在籍する期間が短か過ぎるのは、確かにあまりよく思われない傾向が強いといえますが、先ほどもお話したように、看護師の資格を活かして働くことができる場は、多数存在します。 ということは、早い段階で見切りをつけて、より働きやすい職場、自分の能力を発揮しやすい職場で働くという手段もあるわけです。

一般的には、看護師は病院のみで働くというイメージが強いですし、どのような職場で看護師が活躍できるのか、現役の看護師でも意外と理解していなかったりします。 転職を考えた際は、そういった様々な可能性を探ってみると良いかもしれませんね。

このページの先頭へ