イメージ画像

看護師のベストな転職時期はいつ?

看護師は医療業界の中でも特に離職率・転職率が高い職種です。 では、看護師が転職活動を始めるのに適した時期・季節というものはあるのでしょうか? このページでは、看護師のベストな転職タイミングについて考えていきたいと思います。

まず、3〜4月にかけた年度が切り替わる時期です。この時期は年間を通して最も求人数が多くなるため、転職に適したシーズンだと言えるでしょう。3月から4月にかけては、病院や医療機関で勤務移動も行われるため、求人側の施設でも、部署の人員配置見直しが実施されます。

そのため、他の時期と比較すると、希望する部署への転職が成功しやすい時期であるとも言えます。 このシーズンを狙って転職を行いたい場合は、11〜12月、遅くとも正月明けまでに、転職や十陣に関する情報収集を始め、事前準備を固めておくことをおすすめします。

次に、7月〜9月頃は夏のボーナス支給後となるため、転職を希望する看護師の数が増える時期となります 日頃から転職・退職を考えていた方が「ボーナスをしっかりもらったから離職・転職するぞ!」と、転職の計画を実行に移すシーズンなんですね。

そのため、様々な病院や医療機関で欠員が出やすく、求人数も3月4月に次いで多くなる時期でもあります。 この時期は、年度替わりと比較すると若干求人数が少なくなりますが、夏期休暇や欠員による業務の圧縮などが行われるため、求人側の採用担当者が多忙となるケースが多く、面接などの日程調整が難しくなるケースが見られます。

この時期に転職を希望する方は、面接などの日程調整のために、ある程度時間に余裕をもった転職活動を行うと良いでしょう。看護師転職を考える場合、求人数や冬のボーナス査定などを加味すると、10月から翌2月頃までは、春・夏と比較して転職には向かないシーズンとなります。

しかしながら、転職活動の準備や情報収集の地盤固めには良い時期ですので、数ヶ月後の転職を成功させるための活動開始時期と認識しておくと良いでしょう。

このページの先頭へ